top of page
  • マップクエスト

豊橋技術科学大学の学生を迎えて実務訓練を実施

私たちは地元 豊橋技術科学大学 より3名の実務訓練生の受け入れを開始しました。

学生さんには2月末までの期間中、以下の課題でシステム開発の実務を経験していただきます。

  • クラウドGIS向け商圏分析レポート機能の試作

  • SORACOM+Node-REDによるIoT実験基盤構築

  • 経路探索部品の機能拡張



実務訓練への意気込み
柄澤君 日常生活で眺めている地図に関する技術がどのように形作られているか気になり、実務訓練先にマップクエストを選択しました。今まで学んできたことと実際の開発の違いを目の当たりにしながらも、これから本格的に始まっていく作業への期待が高まっています。実務訓練によって社会に出るのに必要な力を身に着けていきたいと思っています。

成田君 GISに関する様々なサービスに惹かれ、ここでの実務訓練を希望しました。また、これまで多くの実務訓練生やインターン生を受け入れた実績があるため、より内容が濃く学びの多い経験ができると考えています。実務訓練を通して、技術やスキルだけでなく、社会人としての基本的なマナーを身に着けられるよう頑張りたいです。

三村君 実務訓練開始から二週間が経ちますが、序盤ながら既に多くの学びを得ることができています。開発技術の習得は勿論のこと、社員同士の報告や連絡・顧客対応等からコミュニケーション技術を学べることは個人開発との大きな違いとして感じています。実務訓練という貴重な機会を最大限に活かし、良い経験を積めるよう力を入れて取り組みたいです。

当社の姿勢

豊橋技術科学大学で実施される「実務訓練」は、就職活動の一環としてのインターンシップとは一線を画した取り組みとなっています。目的意識の明確な実務体験を通じて、学生の主体的な取り組みを促すうえで極めて重要な意義を有するものとして、学部4年生の2ヶ月間で必修科目として課されています。

ソフトウェア開発という仕事を数日で理解するのはとても困難です。そのような仕事において、2ヶ月を投入する実務訓練はとても有効です。大学の目的を念頭におきながら、当社の「現場」を研究課題を通して学生に体験いただく予定です。


体験のための課題ではありません。実際に成果を期待するものを用意しています。そうする事が実務訓練の目的と当社のミッションを統合することになると考えています。学生さんにはぜひこの機会を今後の成長に活かしていただきたいと思います。

これまでの実務訓練の足跡はこちら


#実務訓練 #豊橋技術科学大学 #インターンシップ

最新記事

すべて表示
bottom of page