top of page
  • マップクエスト

第31回 Japan IT Week 春 出展のお知らせ

 マップクエストは、来る4月6日(水)~8日(金)に東京ビッグサイトにて開催されます「第5回AI・業務自動化展」(Japan IT Week春)に出展いたします。同展示会はITに関する様々な製品・サービスが一堂に集まる日本最大のITの商談展です。

 

 「社会問題をデジタル地図で解決する」をコンセプトに4つのテーマを掲げ、事例をご紹介いたします。


業務改善プラットフォームとして注目を集めている「キントーン(kintone)」と連携したソリューションや、豊橋技術科学大学の研究室と共同開発した最新技術を用いたソリューションなどを展示する予定です。


 会場では、GISに精通したコンサルタントが対応いたします。商談スペースも設けておりますので、業務上の悩みや将来を見据えた構想など、じっくりご相談いただけます。


本展示会では、徹底したコロナ安全対策を実施します。今年も政府・自治体および展示会業界のガイドラインを基に、安全を確保し開催される予定です。安心してご来場ください。

皆さまのご来場を心よりお待ち申し上げております。

2021年出展時のブース
2021年出展時のブース
 

————— 記 —————

第31回 AI・業務自動化展(Japan IT Week 春) 出展のご案内

会  期:2022年4月6日(水)~8日(金) 10:00 ~ 18:00 ※最終日は17:00まで

会  場:東京ビッグサイト 東ホール

主  催:RX Japan株式会社(旧社名:リード エグジビション ジャパン)

小間位置:E20-50

展示内容

  • 災害時の個別避難計画 日々発生する災害に、住民を守る準備を支援します。

  • 市民協働で安心安全なまちづくり ヒヤリハット情報や市民からのクチコミを活用し、安心安全なまちづくりを実現します。

  • 森林調査DX 自治体で課題となっている林政。特に森林調査の負担を軽減します。

  • AIで浄化槽清掃計画し燃料費節減 右肩上がりの車両の燃料費をどう節減するのか?キモは計画です。

※展示内容は都合により変更する場合がございます。予めご了承ください。


無料のe招待券の入手



確実な相談時間の確保

事前にご予約いただければ、当日確実にお話しする時間を確保できます。


■マップクエストについて

株式会社マップクエスト(本社:愛知県豊橋市)は、地理情報システム(GIS)に特化し、『GIS技術を駆使した企画や開発ノウハウを提供する』システム開発ベンチャーです。当社のGIS製品は、全国の自治体、鉄道、道路、電力、ガス、建設、土木など、さまざまな分野に多数の導入いただいております。


幅広い導入を可能にしているのはGISエンジンと呼ばれる開発キット(SDK)です。これを私たちは100%自社開発で実現しています。GISに特化し積み上げてきた経験と自社製品、この2つが高い柔軟性や対応力を生み、大手様をはじめ多くの企業の採用につながっています。世界一詳しいとされるゼンリン住宅地図を快適に扱えることも私たちの自慢の一つです。


そんなGIS事業を支えているのは、挑戦的でユニークな研究開発です。ドローンナビ、衛星データによるマップ作成、次世代プローブデータを活用した交通安全、そしてローコード開発など、さまざまなテーマをGIS技術とミックスさせたプロジェクトにして取り組んでおります。そしてその成功や失敗が開発力や自社製品を養い、新しい未来を切り開く力に繋がっています。


【会社概要】

会社名 :株式会社マップクエスト

所在地 :〒441-3147 愛知県豊橋市大岩町下渡27-1

代表者 :代表取締役社長 佐藤 亮介

創業  :1992年2月

事業内容:GIS技術をコアとし、時代に合ったITソリューションを提供する研究開発型企業です。100%自社開発のGISエンジンを製品として所有していることが大きな特徴で、SIerへのGISエンジンの提供を中心に、コンサルティングや受託開発、各分野に特化した技術の研究などを主な事業としています。


当社はただ自社製品を提供するだけの企業ではありません。幅広い分野で利用できるエンジン開発に裏打ちされた高い設計力と、さまざまな研究開発で育まれた発想や対応力、そして10年に渡るオフショア開発を通して磨いたマネジメント力などを統合した「マップクエストGIS」が私たちの付加価値の本質です。



■GISについて

GISとは、Geographic Information Systemの略称です。 実社会のさまざまな情報を、地理的な観点で分析し、 地図などで表現するシステムです。 GISは生活のさまざまな場面で活用されており、 現代社会の重要なインフラの一つとなっています。

 

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page