• マップクエスト

「MapQuestDotNET」背景地図としてWMTS準拠の地図画像を表示可能に


(例)航空写真の画像などが扱えます

​​GISエンジン「MapQuestDotNET」は、WMTS準拠の画像を背景地図として利用できるようになります。独自のシステムやアプリケーションの背景地図に、Webで公開されているWMTS形式の地図データや、WMTS形式で構築したお手持ちの地図画像を表示することができます。

画像配信型サービスで広く使われているWMTS形式の地図データを表示することができるので、構築できるGIS環境に選択の幅が広がります。

■WMTSとは​​

地理情報の国際標準を策定する非営利団体OGC(Open Geospatial Consortium)が定める標準の一つで、地図画像をタイル分割したものをズームレベル毎に作成・公開し、外部から利用できるようにするものです。​​

メリット

WMTS形式では、地図画像が適切に分割されているため、必要な範囲の地図画像のみを高速に表示することができます。

また、地図画像の配置場所はWeb上だけでなくローカルドライブにも対応しています。 そのため、お手持ちの航空写真などの地図画像を、WMTS形式に準拠したフォーマットで配置していただくことで、簡単に、背景地図としてご利用いただくことができます。


#GIS #MQD #WMTS

最新記事

すべて表示

地図SDK"MQD6"は.NET 5対応へ

(株)マップクエストは主力製品である「MQD」の次期バージョンを .NET 5 に対応して参ります。 米マイクロソフトは、米シアトルで開催した「Microsoft Build 2019」にて、これら.NET系フレームワークの新たなロードマップを発表しました。ロードマップでは、.NETの未来は「.NET Core」にあるとし、現在開発中の「.NET Core 3」の次のバージョン(.NET Core

〒441-3147

愛知県豊橋市大岩町下渡27-1

TEL:0532-43-0400

FAX:0532-43-0433

Mail:sales@mapquest.co.jp

営業時間:平日9:30-17:30

     土日祝日休業 

  • Facebook

その他

Contact

​サービスやメディア取材などこちらからお問い合わせください。