top of page
  • 株式会社マップクエスト

統合型GISの開発

自治体向け統合型GISシステムです。


概要

K市は交通の利便性や住環境の快適さから年々人口が増加し、現在約14万人の人口を抱える都市です。


統合型GISを導入することで、自治体のK市は、複数部署が管理していた情報を一箇所に集め、データを共有することができるようになりました。これにより、市民の窓口業務で必要な情報をすぐに取り出すことができ、市民サービスの向上につながりました。

また、最新の情報を行政で共有し、市民に公開することで、より透明性のある行政運営を実現することができます。

自治体が積極的にITを活用することで、より住み良い街づくりに取り組んでいることが伺えます。

 

■システムの特徴


住民情報を検索


世帯名などの情報から、住民情報を簡単に探すことができます。







用途に合った地図の見た目


部署・業務ごとに利用する地図の見た目を切り替え、最適な状態で仕事ができます。






データのリアルタイム共有


担当者が変更した内容が、リアルタイムで共有データに反映されます。重複登録を防げます。








基本操作も標準搭載


編集、印刷といった基本的な操作も簡単に行えます。






※本事例の時期と記事公開日には関連はございません。ご了承ください。



Comments


bottom of page