ハリケーンの地図

GISとは

706081_s.jpg

GISとは

GIS(ジーアイエス)とは、地理情報システム(Geographic Information System)の略称。

位置や空間に関する様々な情報、画像などを地図と結びつけて、デジタル化された空間情報を電子地図上で一体的に処理して、視覚的表現や高度な分析を行う情報システムです。

 

 

GISのベースとなるデータ

  • 地形をありのままに写しとった空中写真データ

  • 植生や気象などを表す人工衛星データ

  • 道路や河川などの台帳データ

  • 都市計画図や土地利用図などの主題図(地図)データ

  • 人口や農業などの統計データ

  • 固定資産や顧客リストなどの各種データベースなど

GISはこうした地図データと可視化するデータ、それを加工・分析・表示するための「GISソフトウェア」から構成されます。 GISソフトウェアで様々なデータを電子地図の上に層(レイヤ)ごとに分けて載せ、位置をキーにして多くの情報を結びつけます。 これにより、相互の位置関係の把握、データ検索と表示、データ間の関連性の分析などが可能になります。

SCENE

シーン

GISの利用シーン

GISがどのような場所で、どのような目的で利用されているかご存知ですか?


いくつかの利用シーンを以下に挙げてみます。みなさんの身近なところでもGISは活躍しています。

1948537_m.jpg
  • カーナビゲーション

  • インターネット地図検索サービス

  • 電力:電力線のインフラ管理、顧客情報管理

  • ガス:ガス管のインフラ管理、顧客情報管理

  • 不動産:不動産物件の登録や検索

  • 自治体:市民行政サービス、ごみ収集業務支援など

  • 農地:衛星画像による農地の作付け管理

  • タクシーや緊急車両の最適配置

  • 人(営業マン、保守要員)の最適配置

MERIT

メリット

GISを利用すると、紙地図や紙台帳を利用した情報管理と比べて次のようなメリットがあります。

​電子化で使いやすく

情報が電子化されているため、必要な情報をスピーディに見つけ出すことができる

​手間の削減

情報を一括管理できるため、個別でデータを作成、更新する手間とコストが軽減され情報の整合性を維持できる

​合理的な戦略

地域の空間情報を処理することで企業戦略に有用な情報を導き出し、様々な場面で合理的な意思決定を支援

​問題の視認性

情報を可視化して、地図情報とそれ以外の情報との関連性を直感的に把握でき、対策や改善策の策定に役立つ

START TO GIS

GISをはじめるには

実際にGISをはじめるには何が必要でしょうか?GISをはじめるのに必要な要素をご紹介します。

地図データ

背景地図や航空写真、人口統計やルート解析のための道路データなどの汎用的なデータです。背景地図の中には、誰でも無料で使用できるデータがネット上で公開されています。
また、住宅地図などその多くは市販されていますので、用途に合った基盤データを購入します。

可視化するデータ

企業で保有している顧客データ、防災の被害データ、環境データや農地データなど、ユーザの目的に特化したデータで、その多くはユーザ自身が既に持っています。 また、必要に応じて可視化したい情報のデータを新たに作成します。

ソフトウェア

ツールとしてのGISソフトウェアが必要になります。目的に応じて市販のソフトウェアを利用するか、用途に合わせてカスタマイズして利用します。GISソフトウェアには、購入してそのまま使用できるパッケージ製品と、ユーザ自身でカスタマイズを行うための開発キットがあります。 用途に応じてデスクトップ、サーバ、モバイル、などの形態があり、スタンドアロンから大規模システムまで各用途に合わせ対応できます。

WHAT'S GIS ENGINE

エンジン

GISエンジンとは

GISエンジンとは、自治体や民間の業務システムを構築するための、地図のソフトウェア部品(SDK)です。顧客の管理、設備や施設の管理をする業務で、かかせないのは地図機能です。

 

地図機能の開発には専門知識が必要であったり、地図データの扱いは手間のかかるものです。

これらの機能、データ管理をGISエンジンがまかなうことで業務システム開発を強力にサポートします。

〒441-3147

愛知県豊橋市大岩町下渡27-1

TEL:0532-43-0400

FAX:0532-43-0433

Mail:sales@mapquest.co.jp

営業時間:平日9:30-17:30

     土日祝日休業 

  • Facebook

その他

Contact

​サービスやメディア取材などこちらからお問い合わせください。