main_logo.png
適用例

エリアマーケティングの活用シーンをご紹介します

エリアマーケティングの活用シーン

顧客の分析、地域の分析、物件の管理など、楽商地図3なら必要最小限の簡易エリアマーケティングを低価格で実現できます。
お客様のご希望用途に合わせてご利用ください。      

お店を出す場所によって売上げは大きく違います。出す場所が悪くてお客さんが来ないなんて話しも良くあります。
そんな失敗をしないためにも、候補地の商圏分析は必須です。

お店の出店・移転に

チラシを効果的に行うには、何処に配るかがとても重要です。ターゲットがどこに住んでいるか?どのあたりまで配るの良いのか? しっかりと調べることが大切です。

折込チラシの戦略に

商圏分析の視点からの、ライバル店との比較も簡単に出来ちゃいます。 商品(サービス)や料金だけではなく、立地条件や商圏の違いを地図と数値で簡単に見ることができます。

ライバル店との比較に

効果的な営業を行うには、どこにどんな営業をするかが重要です。
どこに何があるのかを地図上で確認する事によって、最も効率の良い営業戦略を立てることが可能です。

効果的な営業戦略立案

お客さんがどこから来て下さっているか、しっかりと把握されていますか?
どこから来ているかを知ることが出来れば、集客の方法や広告の出し方などに活用することができます。

顧客の分析に
導入事例

アミューズメント施設を運営する会社様では、新規出店・移転計画の際にエリアマーケティングを活用されています。

アミューズメント施設運営会社様

建設会社様では、土地活用のご提案に必要なデータ分析を行う際に、エリアマーティングを活用されています。

建設業者様

導入事例

​1

アミューズメント施設運営会社様での導入事例

アミューズメント施設を運営する会社様では、新規出店・移転計画の際にエリアマーケティングを活用されています。現地調査にかかるトータルコストの削減に成功しました。

現地調査の手間を50%カット

事前に地図と統計データを活用して、人口や競合店舗との位置関係を分析をすれば、無駄な現地調査は不要になります。

複数ある候補物件のうち、すべてを現地調査しなくても、エリアマーケティングを行うことで条件に合った物件だけを選別でき、より効率よく出店計画を進められます。
つまり、調査にかける時間や人件費など、トータル的なコスト削減につながるのです。

地図と統計データを用いた「視覚的でわかりやすい」報告書を作成

現地調査の結果を報告書にまとめる際、建設業界での
活用例地図や統計データの分析結果を取り入れれば、
より視覚的でわかりやすい報告書にすることができます。

 
 

導入事例

​2

建設業界での活用例

建設業界では、土地を所有する地主様へどのような土地活用をすれば良いのかというコンサルティングも求められています。
このような建設会社様では、土地活用のご提案に必要なデータ分析を行う際に、エリアマーティングを活用されています。

地図と統計データを活用して具体的な提案を実現

地主が所有する土地に何を建てれば良いのか、より具体的な提案を行うために、エリアマーケティングが活用されています。
土地近辺の人口分布などを見て地域特性を把握し、さらに独自に調査したデータと組み合わせて具体的な提案を実現します。

地域情報を視覚的に把握

地図上で、人口等の統計データを色分け表示すれば、視覚的に地域特性を把握することができ、よりスピーディーに提案内容を決定できます。
例えば、年齢別人口の分布を表示し、高齢者が多く住む地域であれば介護施設をご提案するなど、その土地に合ったコンサルティングが可能です。

製品活用ガイド

楽商地図3での分析方法を動画でご紹介しています。


拠点周辺のターゲット人口の分析方法
統計データを使って、周辺人口(ターゲット層)の情報を元に、地図の色塗りをしたり合計数を演算し検討資料に活用する方法を動画を使って分かりやすく紹介しています。

楽商地図についてご質問・ご相談などはこちらから
ご質問・ご相談などはお気軽にお寄せ下さい

〒441-3147

愛知県豊橋市大岩町下渡27-1

TEL:0532-43-0400

FAX:0532-43-0433

Mail:sales@mapquest.co.jp

営業時間:平日9:30-17:30

     土日祝日休業 

© 1992-2019 MapQuest Corporation All rights reserved.