top of page
  • 株式会社マップクエスト

農地管理システムの開発

農業共済組合で利用される加入する農家や対象作物などを管理するシステムです。


概要

某農業共済組合様は、農家が災害を受けたときにその損害を補償し、日本の農業を守るための共済サービスを提供しています。


しかし、システム導入前は、紙地図に記録していた農地の情報が最新のものではなく、誰が何を作っているかや土地の所有者がわからない状態でした。

そのため、NOSAIのサービスにも影響が出てしまっていました。また、農地の貸し借りの記録も曖昧で、分筆・合筆等の際にも一元管理されておらず、情報がバラバラでした。


しかし、システムを導入したことで、農地の所有者や作物の情報をデジタル地図上で結びつけて管理ができるようになりました。

土地の区画修正もきれいに行えるようになり、集計や印刷も簡単に行うことができます。

これにより、誰が何を作っているかや土地の所有者が一目でわかるようになり、NOSAIのサービス向上に繋がっているそうです。

 

■システム機能

・筆情報の登録

その土地の所有者や使用用途などを筆情報として登録・変更できます。

・合筆・分筆

土地の区画変更があった場合、筆を結合もしくは分割し、所有者情報を更新することができます。

・耕地面積の集計

特定の組合員が所有する土地の耕地面積などを集計することができます。

・地図印刷

特定の組合員が所有する土地だけを色塗りし、印刷することができます。


 

※本事例の時期と記事公開日には関連はございません。ご了承ください。



コメント


bottom of page