top of page
  • 株式会社マップクエスト

建設業界のエリアマーケティング

建設業界でのエリアマーケティングアプリ活用事例です。


概要

建設業界では、エリアマーケティングを活用することで、以下のような活用例があります。

  • 土地活用の提案:建設会社は、土地活用の提案を行う際に、エリアマーケティングに基づいたデータ分析を行います。エリアマーケティングによって、周辺の人口構成や需要動向などを把握し、最適な土地活用の提案を行うことができます。

  • 販売戦略の立案:建設会社は、販売戦略の立案にもエリアマーケティングを活用します。特定のエリアにおいて、需要が高い層や購入意向のある顧客を把握し、適切な販売戦略を立案することができます。

  • 顧客満足度の向上:建設会社は、エリアマーケティングを活用して、周辺の施設やサービスなどの情報を提供することで、顧客の満足度を向上させることができます。たとえば、周辺に充実した公共交通機関や商業施設があることをアピールすることで、購入意欲を高めることができます。

  • 競合分析:エリアマーケティングを活用することで、周辺に存在する競合企業の情報を収集し、競合分析を行うことができます。これによって、競合企業との差別化や優位性を見出し、より効果的なビジネス戦略を立案することができます。

このように、建設業界では、エリアマーケティングを活用することで、ビジネス戦略の立案や顧客満足度の向上などに役立てることができます。

 

地図と統計データを活用して具体的な提案を実現

地主が所有する土地に何を建てれば良いのか、より具体的な提案を行うために、エリアマーケティングが活用されています。 土地近辺の人口分布などを見て地域特性を把握し、さらに独自に調査したデータと組み合わせて具体的な提案を実現します。


地域情報を視覚的に把握


地図上で、人口等の統計データを色分け表示すれば、視覚的に地域特性を把握することができ、よりスピーディーに提案内容を決定できます。 例えば、年齢別人口の分布を表示し、高齢者が多く住む地域であれば介護施設をご提案するなど、その土地に合ったコンサルティングが可能です。





※本事例の時期と記事公開日には関連はございません。ご了承ください。



Comments


bottom of page