2014年02月19日

MapQuestがゼンリン「ZNET TOWN」、「行政区分地図データ」に対応

この度、当社GISエンジンとアプリケーションで、株式会社ゼンリンが提供する「ZNET TOWN(ゼットネット タウン)」と「行政区分地図データ」を
利用できるようになりました。

【対象製品】
・GISエンジン:MapQuestDotNETMapQuest Advanced MapServer
・GISアプリケーション:MQ7

ZNET TOWN対応

ZNET TOWN[ゼットネット タウン]は、インターネット経由で利用できる全国住宅地図データです。
ZNET TOWNを利用すると、地図更新の手間や費用をかけることなく、常に最新の住宅地図を利用することができます。

オンライン配信の地図なので、SurfaceなどのWindowsタブレットを利用すれば、メーター検針システムや
新聞販売店システムなど、今まで紙で持ち歩いていた住宅地図を手軽に屋外でも利用できるようになります。

※ZNET TOWNについて詳しくはこちらから  ⇒ http://www.zenrin.co.jp/product/gis/znettown/znettown.html

クリックすると拡大画像を開きます。

行政区分地図対応

行政区分地図データは、ゼンリン住宅地図から抽出したエリアマーケティングのベースとなる行政界地図データです。
行政区分地図を利用すれば、安価に最新の行政界地図を利用することができます。

大字界ごとの売上集計や、街区レベルでの顧客分布状況把握など、地域の分析を簡単に行うことができます。
マーケティングシステムに是非ご活用ください。

※行政区分地図について詳しくはこちらから ⇒ http://www.zenrin.co.jp/product/gis/marketing/marketing01.html

クリックすると拡大画像を開きます。