2013年08月21日

エリアマーケティングソフト「楽商地図」Ver2.0発売中

新機能を追加したエリアマーケティングソフト「楽商地図 Ver2.0」を、2013年8月19日に発売しました。
最新版の新機能は以下の通りです。

背景地図が「電子国土」に対応

数値地図に加え、電子国土を背景地図として利用できるようになりました。背景地図の切替はボタン一つで簡単に変更できます。
それぞれの特長に応じて背景地図を変えることで、より実用的なエリアマーケティングが可能になります。

  • 数値地図
       道路・鉄道・河川がメインの地図で、色塗りや顧客分布を見る際にはシンプルで見やすい表現が可能です
  • 電子国土
       家屋形状や地図記号が表示されるため、よりグラフィカルな見た目で周辺の様子もわかりやすいです
     

また、電子国土はインターネット経由で地図を表示させるため、随時最新の地図データに自動更新されるメリットがあります。
(更新状況は電子国土のHPをご覧ください)※電子国土を背景に使うにはインターネット接続が必要になります。
 

数値地図
数値地図 (クリックで拡大)
電子国土 表示サンプル
地名や河川名・国道番号を表示
電子国土:縮尺 約1/400000
[縮尺 約1/400,000]
東京都周辺
主要道路や地図記号を表示
電子国土:縮尺 約1/21000
[縮尺 約1/21,000]
東京都港区周辺
駅名や地図記号を表示
電子国土:縮尺 約1/9000
[縮尺 約1/9,000]
東京都品川区周辺
家屋形状もわかります
電子国土:縮尺 約1/3300
[縮尺 約1/3,300]
東京都品川区周辺
 ※画像クリックで拡大します

 

背景地図の使い分け例

人口や顧客の分布など、地図上で情報の見える化(分析)を行う場合にはシンプルな数値地図を背景に利用し、
その地域の詳細を知りたい時には、住居の有無などがわかる電子国土を利用することをおすすめします。

 


 

製品についてはこちらからどうぞ ご興味をお持ちの方はこちらからどうぞ
クリックするとMQ7のページを開きます クリックするとお問い合わせページを開きます