総務省統計局 統計GISデータ

統計GISデータ(国勢調査データ)

概要 総務省統計局が主体となって行われる統計国勢調査は、全国民参加型の人口や世帯に関する調査です。
5年ごとに本調査(22件の調査項目数)と簡易調査(17件の調査項目数)が行われています。
測量データ(統計GISデータ)はいくつかの集計過程を経て、小さな地域単位での集計としてまとめられます。

この統計GISデータはエリアマーケティングには欠かせないデータの一つです。
営業計画・出店計画など必要な情報を地図上に表現して分析できます。
このデータの利用方法についてはこちらをご覧ください

総務省統計局は「政府統計の総合窓口(e-Stat)」にて平成17年度国勢調査データを公開しています。
整備範囲 日本全国
更新頻度 5年1回
提供単位 市区町村単位
表示サンプル
数値地図25000を背景に活用することで安価なエリアマーケティング環境を実現します 統計データを地域メッシュ(升目状)にマッピング
(クリックすると拡大イメージを表示します) (クリックすると拡大イメージを表示します)
価格 無料で公開されています。(2008年6月現在)
弊社製品での
利用方法
1市区町村ごとにダウンロードできます。

対応地図一覧に戻る