統合型GISを実現するための第1歩

「いつでも」「どの部署でも」最新の地図データ、情報を共有し活用できるシステムです。
各部署が所有・利用している地図データを集約し、データ間の連携を可能にします。 各部署のスムーズなデータ共有・活用により業務の効率化を支援いたします。
また、使用する住宅地図データは使用する端末数に応じて使用アクセス制限が設定できますのでご予算に合わせたプランニングができます。

共有での住宅地図購入によるコスト削減

各部署で運用していた住宅地図データをサーバで一括管理することで、全ての端末で
同じ年度の住宅地図を閲覧できます。
また、一括管理することで重複整備を回避しデータ整備コストを低減できます。

システム化で質の高い住民サービスの実現

全部署共通の住宅地図データ上に各課固有のデータを落としこんで、個別業務にも柔軟に対応できる専用システムにカスタマイズができます。各課の持つ情報を横断的に活用できるので、住民ニーズに対応した的確で総合的な行政サービスを実現できます。

全ての端末で同じ年度の住宅地図を閲覧 システム化で質の高い住民サービスの実現

電子自治体への移行の円滑化

電子自治体への円滑な移行を図る上では、自治体で保有する情報を電子化する事が必要です。
「統合型GIS」を基盤とし、庁内での情報の共有化を促す事ができます。

製品構成

  • 住宅地図閲覧システム
  • システム機能拡張カスタマイズ(※別途お見積り)
  • 導入支援等
  • 年間サポート
  • ゼンリン住宅地図データ (※ゼンリン価格)

クリックすると問い合わせページを開きます

このページの先頭へ↑