要配慮者の救命率の向上と社会福祉の増進を図る

災害発生時に高齢者や障害者など要配慮者の救助方針の決定を支援するシステムです。
緊急事態に機敏に行動することが困難と認められるひとり暮らしの高齢者、目の不自由な方、四肢の不自由な方等(以下「要配慮者」という。)に対し、 災害・事故・急病等の緊急事態に おける救助、救急活動等を迅速に行うための支援システムです。

災害発生時の救助方針の決定を支援

被災地区の要配慮者を地図表示することで、救助の方針・優先度合い検討のための有効な
情報を作れます。

上位システム(介護データベース)と連携

介護データベースで検索した福祉対象者の地図を素早く表示できます。
訪問サービスなどに効果的な、1人1人の地図を簡単に印刷できます。
また、担当地区の設定にも役立ちます。

災害発生時の救助方針の決定を支援 上位システム(介護データベース)と連携

福祉地図を作成

住宅地図上に避難場所・防災施設、福祉施設などを書き込んで、福祉地図を作れます。
関連情報を地図で一元管理し、情報を共有することにより早期対策に役立ちます。

福祉・防災関連情報を地図で一元管理

クリックすると問い合わせページを開きます

このページの先頭へ↑