簡単・便利に地図を導入できるGIS開発キット「MapQuestDotNET」[MQ-News 2017年9月2号]

MapQuest Newsです。こんにちは。いつもメルマガをご覧いただきありがとうございます。この頃、豊橋では朝晩は涼しくなり、過ごしやすくなりましたが、昼間はまだまだ暑いです。季節の変わり目で体調を崩しやすくなりますが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか。

さて、今回のメルマガは、GIS開発ツール「MapQuestDotNET」の特長についてご紹介いたします。

「MapQuestDotNET」は、地図を取り入れたシステムを開発するために、シンプル・フレキシブル・スピーディをコンセプトにした「.NET Framework」環境に対応のGIS開発キットです。

MapQuestDotNETの詳細はこちら

現在のバージョン4.8では、東北地方太平洋沖地震によって発生した大規模な地殻変動を考慮した「測地成果2011」の座標系に対応したほか、描画速度やラベル表示機能の改善も行いました。今後も、お客様にご満足いただくために、「MapQuestDotNET」を進化させ続けていきます。

バージョン4.8の詳細はこちら

「MapQuestDotNET」の特長

■シンプル 初心者でも開発しやすい
初心者でも開発しやすいように、MapQuestDotNETは、GISの基本機能を少ない行数でプログラミングできるように工夫されております。また、すぐに動作する実用的なサンプルコードを100以上ご用意しております。SDKを短時間で理解でき、サンプルを組み合わせることで目的のシステムに簡単にGIS機能を開発することができます。

■フレキシブル 高い汎用性であらゆる業務に地図を導入可能
MapQuestDotNETは高い汎用性を持ったGIS開発キットです。スタンドアロン型、クライアントサーバー型の地図システム開発に対応し、顧客管理をはじめ、設備管理、施設管理、営業支援業務向けのシステム開発に採用され、お客様にご満足いただいております。弊社のホームページでは、GIS開発キット「MapQuestDotNET」を使って開発されたシステム事例をご紹介しております。

導入事例の詳細はこちら

■スピーディ 地図の描画スピードが速い
MapQuestDotNETでは住宅地図を高速に描画するために、弊社独自の地図フォーマットを採用しております。独自のデータ構造により、地図のレイヤーが増えても、描画速度が落ちません。また、情報量の多い住宅地図データの軽量化を図り、欲しい情報をすぐに取り出せる工夫を重ね、描画速度の高速化を実現しました。
このため、今お使いの一般的なビジネスPCでのご利用や、大容量データや複数人のご利用でもストレスを感じることなく、地図を操作することができます。

「MapQuestDotNET」を体験するには?

弊社では、無料でご体験いただける評価版をご用意しております。ホームページにて随時受付しており、簡単な申し込みだけで「MapQuestDotNET」最新版の全機能を30日間お試しいただけます。多くのお客様が評価版を利用し、評価していただいてから、導入をしていただいています。是非ご利用ください。 

体験版申し込みフォームへ