必見!無料でエリアマーケティングソフト「楽商地図」を触れるチャンス![MQ-News 2017年9月1号]

MapQuest Newsです。こんにちは。いつもメルマガをご覧いただきありがとうございます。

今回のメルマガでは、エリアマーケティングソフト「楽商地図」を触っていただけるイベントについてご案内いたします。

この度、2017年9月27日(水)に東京・名古屋の税理士法人Bricks&UKが主催される第9回のビジネスフェアに「楽商地図」を出展いたします。今年のテーマは「OUR VALUE CHAIN」で、主催者だけでなく参加者様のVALUEもお借りし、それぞれの悩みや経営課題を抽出し、ソリューションを提供する場となっております。

展示ブースにはBricks&UKに関わりある企業が参加しており、マップクエストでは、エリアマーケティングソフト「楽商地図」をご紹介致します。

当日は、来春リリース予定の最新バージョンを紹介いたします。また、主催者による「楽商地図」を使ったマーケティングコンサルトコーナーもございます。入場無料で、イベント会場出入り自由となっております。是非お越しください。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

開催情報

 日時:2017年9月27日(水)13:00~16:30
 会場:ウィンクあいち5階 小ホール2 
    (〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38)アクセス

「楽商地図」とは?

顧客情報や店舗情報などを地図上に表現し、売り上げ倍増させることを支援するエリアマーケティングソフトです。日本全国の地図データと国勢調査の統計データが同梱されております。地図を活用した商圏作成、顧客情報の表示、色塗り、グラフ表示などエリアマーケティングに欠かせない機能が搭載されております。3ステップの簡単操作で商圏分析が可能です。

新規出店や移転計画の際に、「楽商地図」で候補物件と周辺のターゲット人口を可視化し、机上の分析が可能になり、現地調査にかかるトータルコストの削減につながります。さらに、地図と統計データを用いた「視覚的で分かりやすい」現地報告書を作成することができます。

また、建設業界での活用では、楽商地図で対象の土地近辺の人口分布など地域特性を視覚的に把握できるので、より地域特性を活かした具体的な提案を実現することができます。例えば、高齢者が多く住む地域であれば、介護施設を提案することがあげられます。

「楽商地図」についてもっと詳しく

「楽商地図」はこんな方にオススメ!

お店の出店・移転したいが、どの場所がいいかわからない。
チラシを配布したいが、効果が期待できるエリアがわからない。
お店に来てくれるお客さんはどこから来てるか調べ、集客方法を見直したい。
営業の状況を見える化した上で、効果的に営業戦略を立てたい。

「楽商地図」の活用シーンを見る