MapQuestDotNETの「工夫」でGIS開発を強力サポート![MQ-News 2017年7月3号]

MapQuest Newsです。こんにちは。いつもメルマガをご覧いただきありがとうございます。
暑い日が続いておりますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

さて、今回のメルマガでは、GIS開発キット「MapQuestDotNET」の「工夫」についてご紹介いたします。

これまで、弊社は「MapQuestDotNET」の使いやすさを追求し「工夫」を重ねてきました。その結果、GIS初心者の方でも開発効率の良い使いやすいGIS開発キットになっております。今回は、開発をサポートする機能別サンプル、地図データサンプルの提供と地図の表示確認・GISの学習・機能の参考に役立てていただける地図確認ツールの提供をご紹介いたします。

① 100種類以上の機能別サンプルで短期間開発

MapQuestDotNETでは、すぐに動作するサンプルコードを機能別に100種類以上ご用意しております。これらのサンプルを通して、MapQuestDotNETの実践的な使い方が学べます。さらに、複数のサンプルを組み合わせることで、短時間で効率よくGIS機能を組み込んだシステムを構築することができます。

<機能別サンプルの例>

地図をスクロールする 円グラフ主題図を表示する
地図をスクロールする
地図を回転して表示する

② サンプル地図データ付属で表示確認らくらく

GIS開発する際、地図の表示確認が必須です。そんな時、サンプル地図データがあると便利です。

MapQuestDotNETでは、(株)ゼンリンのZMAP TOWNⅡ(住宅地図)をはじめ、総務省境界データ、数値地図25000データのサンプルを標準搭載しております。事前に地図データをご購入いただくことが難しい場合でも、付属の地図データで表示確認ができます。

③ 「地図確認ツール」活用でGIS学習

本ツールはユーティリティとしてご提供します。地図システムの基本的な機能を搭載しており、GISの理解から、GIS機能や動きの参考、地図の表示確認までご活用いただけます。

<主な機能>
・地図を開く
・地図を操作する(拡大縮小、スクロール、回転など)
・地図を検索する
・各階層のスタイル設定、保存、読み込み

MapQuestDotNETをもっと詳しく知りたい方は弊社のホームページでご紹介しております。是非ご覧ください。

 

上記ご紹介させていただいたサンプルデータを含む、MapQuestDotNETの全機能をお試しいただける無料体験版もご用意しております。お申込みはこちらから>>>

すぐにMapQuestDotNETに関するお問合せやご相談はこちらから>>>