GIS開発キット「MapQuestDotNET」Ver4.8リリース! [MQ-News 2017年7月1号]

MapQuest Newsです。こんにちは。いつもメルマガをご覧いただきありがとうございます。
今回のメルマガは、スタンドアロン型GIS開発キット「MapQuestDotNET」についてご案内いたします。

MapQuestDotNETは地図システム(GIS)を構築するための開発ツールです。.NET Framework開発環境に対応し、GIS開発初心者の方でも簡単に扱えます


独自の地図表示・操作部品「MapComponent」によって、地図表示、マウス操作による地図のスクロール、拡大・縮小、検索や地図編集などGISの基本機能が数行のプログラミングだけで実現可能です。

MapQuestDotNETについて詳しく知りたい方はこちら

MapQuestDotNETバージョン4.8をリリースしました。

6月15日に「MapQuestDotNET」スタンダード版、プロフェッショナル版の新しいバージョン(4.8)をリリースしました。本バージョンでは、測地成果2011の座標系へ対応させたほか、地図描画の高速化やラベル主題図の見やすさ向上を図りました。主な機能は弊社HPニュースでご紹介しております。是非ご確認ください。

ニュースページを開く

MapQuestDotNETバージョン4.8を体験する!

「GIS導入をご検討中」もしくは「MapQuestDotNETをご利用中でサポート未契約」のお客様に、ご購入前にVer4.8を体験していただける「無料体験版」をご用意しております。是非体験版をお申込みください。

既にMapQuestDotNETをご利用されているお客様はこちらからお問合せください。

「MapQuestDotNET Ver4.xをご利用中」かつ「サポート契約中」のお客様に、無料でバージョン4.8をご提供いたします。

●「MapQuestDotNET Ver3.x以前をご利用中」かつ「サポート契約中」のお客様に、半額でVer4.8をご提供いたします。是非この機会に、バージョンアップのご検討はいかがでしょうか。是非お問合せください。