MapQuest Newsです。こんにちは。いつもメルマガをご覧いただきありがとうございます。今回のメルマガは、自治体が行っている「街路樹」の管理を例として、GISを導入して解決した問題についてご紹介します。

×「街路樹管理」業務のこれまでの問題

紙の帳簿で樹木の管理情報を記録していると、街路樹を点検する際に次の手間があげられます。

  • 膨大な量の帳簿から点検対象の樹木情報を探し出し、業者へ依頼する手間
  • 点検結果を記入した報告書をまとめて依頼主へ提出する手間

◎GISで一発解決!

GISを導入することで、「紙管理」から「デジタル管理」に変り、街路樹台帳と地図を組み合わせて効率よく管理ができるため、業務が大幅に改善されました。

  • 検索機能を活用し、膨大なデータの中から、点検対象の樹木情報をすぐ見つけ出すことができるため、点検依頼が素早くスムーズに行なえるようになりました。
  • 点検結果をパソコンに入力するだけで、点検記録が即日提出することが可能になり、依頼主の満足度につながります。 

「MapQuestDotNET」が設備管理システムに最適!

今回は「設備管理」業務の事例として「街路樹」をご紹介しました。弊社の「MapQuestDotNET」が、街路樹に限らず、街路灯、看板、ガスメーター、電気メーター、水道メーター、ごみステーションなどの設備管理・施設管理にも活用されています。採用されている理由として、下記があげられます。

  • 既存の台帳データと地図の紐づけが簡単。
  • 業務、用途に合わせて地図が選択可能。
  • Zmap TownⅡの住宅地図との親和性が抜群。
  • Zmap AreaⅡも対応で地図の費用面も安心。

改めて「MapQuestDotNET」の機能や適用分野についてご確認したい方は弊社HPをご覧ください。

マップクエストのホームページへ