MapQuest Newsです。こんにちは。いつもメルマガをご覧いただき、ありがとうございます。
2017年が早くも2月になりました。寒さが厳しくなる中、春が待ち遠しいですね。

さて、今回のメルマガはドローン研究向けのGIS開発ツール無償提供についてご案内いたします。
ドローン×GISで事業をご検討されている方必見です。 

マップクエストは、ドローン事業化推進のために研究や実証実験用途に対してGIS開発ツールの無償提供を決定しましたのでご案内いたします。

近年、ドローンは産業利用による大きな経済波及効果が期待されています。 研究活動が進むにつれドローンの運行管理をはじめとしてGIS活用の需要も高まってきております。

そこでマップクエストでは、GIS連動の研究活動を支援させていただくため、弊社のGIS開発ツールを無償提供するキャンペーンを実施いたします。
キャンペーン内容は下記をご確認ください。お問合せをお待ちしております。

対象機関

 ドローン取扱事業者または関連事業者、大学や公的研究機関 (先着10機関限定)

対象分野

 ドローンの運行管理をはじめ、ドローンに関わる情報システムの研究全般を対象とします。

受付期間  2017年2月1日(水)~ 1年間の予定 (先着10機関に達し次第終了とします)
条件
  • 無償提供期間は最長2年単位とさせていただきます。
  • お問合せ時に利用目的、研究終了時にその成果を、可能は範囲でお伝えください。
  • 正式運用時には運用ライセンスをご請求させていただきます。
  • 技術サポートは別途有償とさせていただきます。(特別価格:50,000円/年)
提供製品

 MapQuestDotNETスタンダード版