トップイメージ

NEWS ~ニュース~

ドローン飛行支援マップ開発と並行して情報発信するポータルサイトを公開

ドローンポータルサイトトップ

昨年12月10日より改正航空法が施行されることによりドローン等無人航空機に関する規制が厳しくなりました。

マップクエストは安全にドローンを有効活用できるようにドローン飛行を支援するための地図システムをMapQuestDotNETで開発し、今年5月に東京で開催された展示会「Japan IT Week 春」でベータ版を公開しました。

本システムは、OpenStreetMapを背景地図として利用し、改正航空法で定められた飛行禁止エリア、自治体が定めた飛行許可エリア、飛行実績エリアの表示をはじめ、飛行可能エリアの検索、飛行エリアの情報表示、飛行実績の形状および情報入力・編集などの機能を実現しました。

今後は他の情報システムと連携できるようにWeb APIも搭載される予定です。

また、ドローン飛行支援マップの開発をきっかけに、ドローン専用ポータルサイトを公開しました。

当サイトは東三河地区を中心にドローンに関する様々情報を発信していきます。ドローンの基礎知識をはじめ、ドローンの活用事例紹介を通してドローンを正しく理解していただき、ドローンの可能性を披露目、ドローンの有効活用を促進することが目的です。

もっと充実したポータルサイトになるように、ドローンと連携する地図システム開発、ドローン連携ソフトウェア技術に関しのある個人・団体、飛行可能エリア情報の提供、ドローン活用事例の提供など、ご協力いただける方を募集しております。

ポータルサイトのリンクや応募方法は弊社HPにてご案内しております。こちら をご確認ください。

「やるシカない!」が総務省東海総合通信局長表彰を受彰

集合写真 やるシカない!イメージ画像 展示コーナー

マップクエストが愛知県森林・林業技術センターとNPO法人穂の国森林探偵事務所と協力して、MapQuestDotNETで開発したシカ害対策支援アプリ「やるシカない!」が総務省東海総合通信局局長に表彰されました。 2016年6月1日に行われた平成28年度電波の日・情報通信月間記念式典にて表彰いただき、同式典会場にて展示を行いました。

「やるシカない!」では、5km四方におけるシカの目撃情報、被害情報を地図上にマッピングすることによりシカの分布地域が一目で把握できます。また、地図の色塗り機能で250m四方におけるシカの出現率を表現することによりシカが出やすいエリアが一目で把握できます。

これらの機能を実現させたのはMapQuestDotNETです。簡単でスピーディに開発ができ、幅広い分野の地図システムに対応できます。

お客様が思い描いたシステムが実現できるようGIS一筋20年以上のスタッフが親身になってアドバイスさせていただきます。是非ご相談ください。

MapQuestDotNETについて詳しく知りたい方はこちらへどうぞ。

Information ~お知らせ~

MapQuestのGISエンジンをご体験ください !

◆GISエンジンをご検討中のお客様◆
マップクエストのGISエンジンはゼンリンの住宅地図を最速で描画できるのが特徴です。 ゼンリンの地図を導入し、業務の改善をご検討中のお客様におススメです。
弊社HPで、スタンドアロン型(MapQuestDotNET)、Web型(MapQuest Advanced MapServer)ともデモ体験コーナーをご用意しておりますので、お試しください!

★スタンドアロン型(MapQuestDotNET)デモ体験★

★Web型(MapQuest Advanced MapServer)デモ体験★

また、体験版もご用意しております。無料で製品の全機能をお試しいただけますので、お気軽にお問合せください。

お問い合わせはこちら

製品に関する疑問・質問を募集しています!

日ごろ弊社製品をご利用いただき、誠にありがとうございます。
お客様にとってメルマガが役に立つものになりますよう、Q&Aコーナーを追加することにいたしました。
そこで、皆さまから製品に関する疑問、質問を募集させていただきたいと思います。
どうぞweb@mapquest.co.jpまでご応募ください。