GISとは

GIS(ジーアイエス)とは、地理情報システム(Geographic Information System)の略称で、位置や空間に関する様々な情報、画像などを地図と結びつけて、コンピュータ上に重ね合わせ、位置や場所からさまざまな情報を統合、分析、解析を行い、あらゆる情報を地図上に視覚的に表示させるシステムです。 専門的な分野での利用が一般的でしたが、最近ではビジネスの現場や行政など、わたしたち市民生活の中にも活用範囲が広がってきています。

GISのベースとなるデータ

【地図データ】空間・位置のデータ

  • 地形をありのままに写しとった空中写真データ
  • 植生や気象などを表す人工衛星データ
  • 道路や河川などの台帳データ

【可視化するデータ】目的に特化したデータ

  • 都市計画図や土地利用図などの主題図(地図)データ
  • 人口や農業などの統計データ
  • 固定資産や顧客リストなどの各種データベースなど

GISはこうした地図データと可視化するデータ、それを加工・分析・表示するための「GISソフトウェア」から構成されます。
GISソフトウェアで様々なデータを電子地図の上に層(レイヤ)ごとに分けて載せ、位置をキーにして多くの情報を結びつけます。
これにより、相互の位置関係の把握、データ検索と表示、データ間の関連性の分析などが可能になります。

GISの利用シーン⇒